言葉の獲得から対応

言葉の理解が大切なのかというと

小さな赤ちゃんの頃から、身近にあるものの名前や用途を説明してあげると、言葉の獲得、理解がより進みます。なぜ、言葉の理解が大切なのかというと、言葉の獲得の数の多さが脳の賢さを決めるから、といわれています。言葉というのは、周りからしか習得できませんから、まったく静かな環境でずっと寝かされているだけでは、赤ちゃんは学びたくても学べないということになってしまいます。また、テレビやラジオでは、毎日違う言葉がどんどんと耳に流れ込んでくるだけで、その言葉がどういう意味をもち、何のことなのかがまったくわからないということになります。つまり、言葉は単なる音でしかなく、その言葉に意味がある、ということが理解できなくなります。そういうことにならないためにも、一つずつの言葉を丁寧に教えることも大事です。身近にあるものを指差して、「これはコップよ。水やジュースを入れて、飲むための道具よ」というふうに、ものの名前とその用途を教えていきます。毎日教える言葉を10個ほど決めたら、1週間から10日は同じことを毎日繰り返して聞かせます。すると、赤ちゃんの脳に回路ができます。「コップがどれで、どんな用途か」ということがわかってきます。このように次々と色々な言葉を教える一方、「絵本の中のりんごと、台所にあったりんごは、同じ」とか、「りんごとミカンは果物だから、同じ仲間」「ひよこと鶏は親子。でも、カラスとひよこは親子ではない」というような「対応」へと進んでいけるといいですね。

これは自分で稼いだお金?消費者金融で借りたお金?稼いだお金ならいいけど、消費者金融でお金を借りちゃだめですよ。借金ですから。僕はお金は稼いでも、借りません。